京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
アミーゴ
オーナーへメッセージ

2010年03月15日

ネットに規制をかける国々

しかし、インターネットにおける言論の自由を脅かす存在として、

数多くの国々が槍玉に挙げられました。国境なき記者団(RSF)

が、言論の自由を脅かす「インターネットの敵」として列挙した

のは、サウジアラビア、シリア、チュニジア、トルクメニスタン、

ウズベキスタン、ベトナムミャンマー、中国、キューバ、エジプト、

イラン、北朝鮮の12カ国。これらの国家は、いずれもネット上の

コンテンツに検閲をかけるだけではなく、政府に批判的な発言を

行った者に対して処罰を加え、言論統制を行っていると言います



RSFの調べによると、2009年にweb検閲が行われた国はなんと

約60カ国。2008年の2倍に増えていると言います。さらに

最近では、グーグルと中国が、検閲をめぐって対立していたのも

印象的です。



RSFは3月12日を「世界サイバー検閲反対デー」と位置づけ、

インターネットでの表現の自由を守るために尽力した人物に対して

「Netizen Prize」を贈るそうです。第一回目となる今年は、

の法律下で、女性差別撤廃を目指すサイト「Change for Equality」

の創設者が選ばれました。



表現の自由とインターネットは大変にありがたいものですが、人間を

無責任に、自堕落にする作用もやはり持っています。規制する側と

反対する側、どちらにも正しい言い分があるような気もしますが、

やはり日本では、自由にインターネットが使える環境が維持されて

欲しいものです。





【関連ニュース】



Yahoo!ニュースURL


イザ!ニュースURL


ライブドアニュースURL


ITメディアニュースURL






《今日のPickUP》

本を出版するには 中高年でもできた!副収入が月14万円儲かるしくみ 企画書 書き方 フォーマット 本 書く 本の書き方 本を出版する方法 企画出版 出版したい
山田稔 出版の方法 




Posted by アミーゴ at 23:48